プロフィール

Rin Yumi IOKA

Rin
(井岡 由実)
Artist/Teacher

幼児教育を軸に、創作活動を続けています。
ピアノ・ベース・ギター・ブルースハーモニカ・ボーカルのアコースティックバンド「KARINBA」、子どもたちのためのうたと語りのユニット【Rin- Bun】の音楽活動など。全ての創作活動の根底に流れるテーマは「幼いころの記憶」。

日々作り続けることにしあわせを感じています。
作ること、表現することの楽しさ、
本当のしあわせとは何かということを、
教育と創作活動を通じて伝えていきたい。
作品に触れた全ての人が同じように、
自分とは何かを問い、しあわせの軸を再確認することができればと思います。


1978年奈良県生まれ 
2001年児童精神科医の稲垣孝氏とともに、心を病んだ青年たちへの専門的な対応に専心したのち、2004年花まる学習会取締役に就任。
2005年朝日小学生新聞で「国語のきほん」連載担当。
その後『国語なぞぺ〜』他を執筆。
2007年に芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、自ら国内外での創作活動や展示を続けながら、「芸術を通した幼児期の感性育成」をテーマに、教育×ARTの交わるところを世の中に発信し続けている。
花まる学習会年中・年長向け教材開発に携わり、冊子「1年生になる前に」では、幼児期に伸ばしたい能力や感性の教育について論じる。
2009年より子どもたちのための創作ワークショップクラス「Atelier for KIDS」、2017年よりお母さんのためのクラス「WORKSHOP for MOM!」を開催。
教育関連の著書に「国語なぞぺ〜」草思社(高濱正伸共著)、
「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」実務教育出版ほか

TOPに戻る